あるこじのよしなしごと

妻・息子2人(2014生:小麦アレ持ち/2019生)と四人で暮らしています。ボードゲーム、読んだ漫画・本、観た映画・テレビ、育児、その他日常等について綴っています。

ボードゲーム/カードゲーム

漫画『天王寺さんはボドゲがしたい』2巻感想

ボドゲ初心者の南森ゆきがボードゲーム にハマり始める過程を描いた巻。海外文芸部(ボードゲーム部)への入部や、初めてボードゲームを自身で購入する様が描かれる。主に登場したゲームは『Mr.ジャック』『ザ・マインド』『ソレニア』。

『L.A.M.A. (ラマ)』ルール説明と感想/毎ラウンドは運が絡むが全体で見ると戦略があるゲーム

カードを出し切る事で勝利できる毎ラウンドを重ね、最終的に最もマイナス点が低い人が勝ち。毎ラウンドは運が多分に絡むが、最終的な勝利を考えてプレイする事に戦略性を見出せるゲーム。

『デクリプト』ルールとプレイ記(リプレイ)/暗号伝達&盗聴を楽しむワードゲーム!

伝達役がお題を連想させるヒントを解読役に伝え、お題を当てさせるワードゲーム。しかし、相手チーム(盗聴役)にお題を当てられてしまってはならない。分かりやすくも分かりにくくもないヒントを出しつつ、相手の伝達を推測するのが楽しい連想ワードゲーム。

『ZERO』ルール説明と感想

ルールが分かりやすく美しいカードゲーム。自身の手札を場の札と交換する事を重ね、マイナス点を出来る限り減らすことを目指す。条件が揃う事で宣言できる「ゼロ」を達成した時の気持ちよさは格別!

『惨劇RoopeR(惨劇ルーパー)』のルール概要とプレイ記(リプレイ)

ループ物をテーマとしたボードゲーム『惨劇RoopeR』の紹介。惨劇を回避しようとする主人公(3人)と惨劇を起こそうとする脚本家(1人)に分かれてプレイする、推理型対戦ゲーム。

『アグリコラ:リバイズドエディション』ゲーム・ルール概要とソリティア(一人用ゲーム)プレイ記

全世界的に人気の農業ボードゲーム、アグリコラの紹介。日本では2016年に改訂新版となるリバイズドエディションが発売された。ゲーム概要を説明した上で、ソリティア(一人用ゲーム)での遊び方や、そのプレイ記を通じてゲームの具体的な進め方についても言…

『Psylent Phantom(サイレントファントム)』2人プレイ

惨劇RoopeR・ふるよにでお馴染みのメーカー、BakaFire Partyの2019春新作ゲームのルール概要およびプレイ記。15分程度で遊べる比較的軽いゲームながら、他プレイヤーとの読み合いを楽しめる。

『インフェルノ』

シンプルで分かりやすいカードゲーム。場の札を取らされるとマイナス点のため、できる限り取らないようにしたいが……。考え所と運ゲー感が入り乱れて訪れる所が魅力のチキンレースを楽しめる。ルール上は3人から遊べるが、4人以上のプレイ推奨。

漫画『天王寺さんはボドゲがしたい』1巻感想

ボードゲームが好きな天王寺ユリアとボドゲ初心者の南森ゆきが出会う話。"バランス型"の『放課後さいころ倶楽部』に対して、本作は"一点突破型"のボドゲ紹介漫画。

『あやつり人形』新版/ゲーム慣れしていない友人とプレイ

コインを得て建物を沢山建てるゲーム。高価値の建物をより多くより早く建てた人が勝ち。それを補佐する役職が複数あり、その選択が勝敗の鍵となる。ルールはシンプルだがやり込み度が高く、繰り返し遊べる環境で特におすすめのゲーム。

『コンプレット』(4歳の子どもと遊ぶ)

『コンプレット』は数の大小が分かる子なら4歳でも遊べる。完全公開情報なので親からのサポートもしやすい。タイルの数を減らす事でゲーム難度やハンデの調整も可能。

『コンプレット』

1〜100の駒を昇順に並べるゲーム。ルール理解は容易。多少の考え所もある。最終的には運の要素が強いが、子供から大人まで幅広い層で同じ土台に立って楽しめる。

『リトルタウンビルダーズ』

ざっくり言うと アートワークの通り、全体的に緩めのワーカープレースメント。建物タイルの入れ替えによりリプレイ性も担保。ワカプレの中では気軽に楽しめる。重ゲーに移行する第一歩としても最適。 こんにちは、あるこじ(@arukoji_tb)です。 比較的緩めな…

『アノコロの俺ら』vol.3(00's〜10's)

ざっくり言うと 2000年以降の出来事がどんな順番で起きたかを思い出すゲーム。漫画・アニメ・ゲームの内容が多め。最近の出来事が多いのでノスタルジックな雰囲気にはなり辛いが、その分若い年代の人でも楽しめる。 こんにちは、あるこじ(@arukoji_tb)です。…

『カードライン(動物編)』

ざっくり言うと 動物の体長や体重に関する知識を競うゲーム。テーマ「寿命」は意外性があって面白い。同種の動物クイズゲーム『ファウナ』よりはプレイ感が良くも悪くも軽い。小さい子相手や気軽に遊ぶならカードラインのほうがおススメ。 こんにちは、ある…

『ぶくぶく(Land Unter)』

ざっくり言うと 毎ラウンド失点に繋がるカードが場に公開され、手札から出したカードの強弱で誰が引き取るかを決める。これを繰り返し、最もライフ(浮き輪カード)が残っていた人が勝者となる。他プレイヤーがどんなカードを出すかを推測し、自分がどのカー…

『くもんのロジカルルートパズル』(4歳時)

こんにちは、あるこじ(@arukoji_tb)です。 くもんのロジカルルートパズルという玩具を現在4歳2ヶ月の息子と一ヶ月程、あと少しだけ妻と、それぞれ遊んだので、その際のレポ及び感想です。 なお、本製品は一時期はテレビで紹介されたりしたことの影響で品薄だ…

『おえあんあ?』

今年のお正月、実家にて『おえあんあ?』を親類と遊びました。その際のプレイ記と簡単なレビューです。 ルール概要 ルールは非常にシンプルです。 親があるキーワードを決め、それを母音のみで表現する。例えば、「ボードゲーム」なら「お〜おえ〜う」となる…

ボードゲームがしれっと登場する漫画3作品について(その2)

実在のボードゲームを遊ぶ様子が作中にしれっと登場した漫画『陽子さん、すがりよる』『1日外出録ハンチョウ』『ハクメイとミコチ』を紹介する。

『お買い物ゲーム(Wir spielen Einkaufen)』小さい子用ルール

『お買い物ゲーム(Wir spielen Einkaufen)』を簡易ルールで、3歳5ヶ月の息子と遊んだので、そのレポです。 どんなゲーム? 子供用のボードゲームで4歳からが対象年令となっています。全部で4人まで遊ぶことができます。ただ、男の子コマが2つ、女の子コマ…

ボードゲームがしれっと登場する漫画3作品について(その1)

実在のボードゲームを遊ぶ様子が作中にしれっと登場した漫画『僕らはみんな河合荘』『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』『ぼくたちは勉強ができない』を紹介する。

『コードネーム:デュエット』

先日届いた2人用協力ゲーム『コードネーム:デュエット』を妻と遊びました。その際のプレイ記と簡単なレビューです。 ルール概要 二人用の協力ゲーム 25枚のワードカードを5×5で並べる キーカードに基づき、協力して導くべき15枚の単語(エージェントカード…

『トリックと怪人』(4人プレイ)

お正月、実家で義兄・甥・妻・私の四人で『トリックと怪人』を4人で遊びました。遊んでみて思ったこと等を書いてみました。 ゲーム概要 前回書いた以下の記事にてゲーム概要等を記載しています。 2人戦との違い 前回の記事では2人戦について書いたので、今回…

『トリックと怪人』(2人プレイ)

2017秋ゲムマで発売された『トリックと怪人』を入手したので、そのプレイレポです。 今年は春・秋ともゲムマには行けなかったのですが、このゲームは製作者の方が通販形式で販売してくれており、購入できました。 このゲームは3~4人で遊ぶのが通常かと思い…

ボードゲームアプリについて/メリット・デメリット、おすすめのゲームアプリ

ざっくり言うと ボドゲアプリのメリットは一人でも遊べる、かさばらない、準備が楽など。デメリットはコンポーネントに触れられない、非同期対戦は時間が掛かるなど。特におススメのゲームは『カルカソンヌ』『パンデミック』『アグリコラ』。 こんにちは、…

『ゾン噛まPARTY!!』

ざっくり言うと 他プレイヤーが「あがり」のアクションを見せたら、自身はあがっていなくても「あがり」を同じくアクションにて宣言するゲーム。他プレイヤーの動向をどれだけチェックできるかが重要なため、多人数でやるとカオスな状況になる。 こんにちは…

会社旅行とボードゲーム(結果編)

先日、会社メンバとのツアー内で遊ぶボドゲの計画を立てました。 持っていくボドゲについてどうやって決めたのか? というわけでニムト、コヨーテ、ブラックストーリーズ、クーの4つのゲームを持っていった結果ですが……ブラックストーリーとコヨーテで遊ぶこ…

『ボ育て。』 Vol.2を読みました

ざっくり言うと ボードゲームと子育てについての記事が満載の同人誌『ボ育て』の第2号。子どもと楽しめるゲームのクロスレビュー、ボードゲームという趣味に対するパートナーからの評価、子どもと行くゲーム会などについての記事でまとめられている。 こんに…

会社旅行とボードゲーム(計画編)

こんばんは、あるこじです。 今日は、会社のグループ旅行を間近に控え、会社旅行に持っていくボードゲームを考えてみました。 本題に入る前に、私が参加する会社旅行の前提条件を書いておこうと思います。 前提条件 ・会社内のチームでの小規模開催のため、…

『ブラックストーリーズ』

ざっくり言うと ある出来事について部分的に情景を切り取った出題カードを元に、質問を繰り返して真相に迫るゲーム。出題者は回答者がなかなか真相に近付けない場合には可能な範囲でヒントを出すなど、協力的な姿勢で当たったほうが楽しめる。 こんにちは、…